収納

持って帰ってきた作品をすっきり収納する方法。

毎年、学年末になると持って帰ってくる作品たち。
学年が上がるにつれてどんどんたまっていってしまいますよね。
そのまま保管するのもいいですが、場所を取ってしまったりほこりをかぶって汚れてしまったり…

そんな作品の保管方法について紹介していきますね。

作品を飾るスペースを作る

せっかく持って帰ってきた作品。
すぐにしまってしまうなんて、もったいない!
一時的でもいいので、作品を家の中に展示してあげましょう。
子供との会話も増えて、楽しいですよ。

展示する場所は、家族の目に付きやすいところがおすすめ。
マスキングテープやガーランドで飾ると、より展示場っぽくなりますよ。
布やナプキンなどを下にひいてもいいですね。

でも、いつまでも同じ作品を飾っておくとほこりをかぶったり、汚れてしまうことも。
新しい作品を持って帰ってくるたび、交換するようにすれば定期的に入れ替えることができますね。

おひなさまやこいのぼりなど、時期からずれてしまったものも片付けるようにしましょう。

作品を写真に撮って保管する

一度にたくさん持って帰ってくる作品は、大きさも形もバラバラ
そのままでは、かさばって収納しにくいですよね?

そんなときは、作品を一枚ずつ写真に撮ってみましょう。
同じ大きさで保管できるので、場所も取らずすっきり収納することができますよ。

撮った写真は、学年ごとにまとめておくと後で見返すときに探しやすいですのでおすすめです。
子供ごとにわけて収納すると、よりわかりやすいですね。

フォトブックは、一つの種類に統一しておきましょう。
すっきり収納できるので、見た目もきれいですよ。
背面に学年や、子供の名前などを書いておくといいですね。

写真を切り取って保存する

写真に撮ったあとの作品を捨てるなんて、抵抗がある…
そんな方は、写真を撮ったあとの作品を切り取ってスクラップブックにしてみてはいかがでしょう?
大きな作品でも、この部分がよくできた!って思うときってありますよね。
大きな作品をそのまま保管することはできませんが、小さく切った一部分なら保管しやすくなります。

写真では伝わらない、作品の質感も一緒に保管することができるのでおすすめですよ。
フォトブックと同じ大きさに切り取るようにすると、統一感がでるので同じスペースに収納できます。
せっかく作った作品だから、一部分でも置いておきたいですね。

表彰状の場合

たまに、表彰状をもらって帰ってくることがあります。
そのまま保管しておくと、ほこりをかぶったり汚れてしまったり…

写真を撮って保管するのもいいですが、せっかくなので表彰状入れを使ってみましょう。
表彰状入れは、表彰状を折らずに保管できるので便利ですよ。

額に入れて飾っておくのもいいのですが、兄弟がいたときに飾ってある子とない子ができてしまいます。
表彰状のない子供は、少し悲しい気持ちになってしまうことも。
少し飾っておくのはいいですが、期間を決めて飾っておくようにしましょう。

表彰状だけでなく、卒業証書も保管できるグッズもあるのでチェックしてみてくださいね。

作品は保管場所を決めてすっきり収納

毎年増える作品ですが、どれも大切な思い出がつまっています。
前部置いておきたいけど、収納スペースがない…と悩んでしまうことも。

そんなときは、すっきり収納でいつでも見返すことができるような保管方法がおすすめです。
今作っているものは、同じものは二度と出会えないかもしれません。
汚れてしまう前に、すっきりと保管できるようにしたいですね。

ABOUT ME
ここそら
ここそら
4人の4人の自閉症児を子育て中の主婦です。毎日がバタバタ…でも、新しい発見と試行錯誤を繰り返しです。日々のこと・不思議に思ったことを少しづつ書いていけたらと思っています♪