自閉症

自閉症の子供は体調不良を伝えることが苦手。上手に伝えるにはどうする?

今日は、自閉症の子供の体調不良の伝え方について紹介していきます。

我が家では、いつもより体調が悪いことをまとめてしんどいといっています。
でも、しんどいのかどうかがわからないこともしばしば…。

自閉症といっても、十人十色
うちの子も、4人とも個性も感じ方も違います。
ですが、目に見えないものには鈍感なのは共通しているようです。

しんどさ以外にも、声の大きさなども自分ではわからないみたいです。

しんどさの基準になること


しんどい、ってどうゆうこと?と子供に聞かれて困ることも多いのですが、いつもと違っていたり「動きたくないなぁ」もしんどいだと思っています。

私が「しんどさ」の基準にしていることは、大きくわけて4つです。

  • 熱はある?
  • 頭痛はある?
  • 気分はどう?
  • 痛いところはある?

熱はある?

しんどいときには、熱を測るのは一般的だと思いますが、目に見える数値なのでわかりやすいです
平熱を知っておくと、微熱かどうかもわかるので便利ですよ。

自閉症の子供に限らず、小さいうちは熱があっても元気なこともありますよね。
いつもと違うと感じたら、まず熱を測るようにしましょう。

頭痛はある?

熱がなくても頭が痛いときってありますよね?
夏だと熱中症になりかけのときにも、痛くなったりします。

「どれくらい痛いか」はわかりにくいので、私は痛いか痛くないかだけ聞くようにしています。

気分はどう?

吐き気があるかどうかも重要です。胃腸風邪が流行る季節には、特に注意したいですね。吐き気は直前までわからないこともあります。

そんなときは、「オエって出そう?」と聞くと通じたりしますよ。
吐き気を言葉で表すのに、この言葉以上のものが見つからないのですが、もっといい言葉を見つけたらお知らせしますね。

痛いところはある?

頭痛以外にも、お腹が痛いのも「しんどい」です。
たまに、「けがをしているところが痛い」というので、それはしんどさではないことを伝えるようにしています。

このほかにも、鼻水や咳なども体調不良の要素です。
大人が見て判断するようにしましょう。
自分ではなかなか気が付かないみたいなので。声が変わっているのも、大人が気が付くことがほどんどですね。

基準をもとにしんどさの物差しを作ってみよう

まず、元気な状態をとします。入院が必要なくらいが5

0~5の間は、個人差もあると思いますが私が基準にしていることはこちら。

  • 咳や鼻水、気分が悪い、腹痛など…1
  • 頭痛、微熱…2
  • 38度くらいの熱…3
  • 39度くらいの熱…4

5になることはありませんが、自閉症の子供でもわかりやすいように作っています。

見てわかるようにしよう

ただ数字を書いているだけでは、わかりにくいですよね。
なので、これをもとにグラフのようなものを作っています。

こんな感じのものです。(雑ですみません…)

数字のところに顔を書くと、より分かりやすくなりますよ。

少しでも伝えやすくするために


「しんどい」ことは、生活するうえできちんと伝える必要があります。
でも言葉で伝えるのは、とても難しいことです。

そんなときは、しんどさを見える化してあげましょう。
目で見ることによって、言葉では伝えにくくても雰囲気で伝えることもできます。

慣れてくると、表を見なくてもわかるようになってくるので、最初は目で見て伝えるようにしましょう。

これは私の伝え方なので、参考になればうれしいです。

今回も読んでいただき、ありがとうございました♪

ABOUT ME
ここそら
ここそら
4人の4人の自閉症児を子育て中の主婦です。毎日がバタバタ…でも、新しい発見と試行錯誤を繰り返しです。日々のこと・不思議に思ったことを少しづつ書いていけたらと思っています♪