自閉症

衣替えの時期が来た!自閉症の子どもがスムーズに衣替えできる工夫。

今年も秋の衣替えの時期がやってきました。

衣替えって、簡単そうでなかなか難しいものです。

ここそら
ここそら
だってこれまでの習慣を変えないといけないから。

寒くなってきたから長袖を着よう!ってならないのが、自閉症の子どもです。

今回は、どうやって衣替えを乗り切る?について書いていこうと思います。

自閉症の子どもが衣替えを嫌がる理由


寒くなってきたら、「そろそろ長袖を着ようかな~。」って思いますよね?
そもそも、自閉症の子どもは寒さや暑さに鈍感な子が多いです。
(逆にすごく寒がりだったり、暑がりだったりする子もいますが。)

温度は目に見えないので、いつ長袖を着ればいいのかがわからないのも原因の一つ。
ここで活躍するのが温度計
温度を見える化してくれる最強アイテムですね♪

感覚過敏で、長袖や半袖を嫌がる子もいます。

次男
次男
この服の素材は好きだけど、この服の素材はきらい…。

こんな感じで、気に入った素材の服しか着ない子もいます。

ここそら
ここそら
私には同じに感じるけど、全然違うそうです。

感覚過敏で長袖や半袖を嫌がる子には、少しづつ慣れてもらうようにしましょう。
無理やり着せるとストレスになってしまうので、私は好きな素材の服で慣らしていきましたよ♪

靴下や上着も嫌がる子がいます。
うちの次男に理由を聞くと…

次男
次男
必要ないから!

だそうです。
寒さに強い子だから余計かもしれませんが、基本的に薄着です。

靴下や上着を嫌がる子には、必要性も教えていってあげましょう。

衣替えをスムーズにするためにしていること


嫌がっていても、衣替えはやってきます。
どうにか衣替えをスムーズにするために、私がしていることはこちら!

  • カレンダーに衣替えの予定を書く
  • 衣替えの移行期間はなし
  • 学校と同じ日に家の衣替えをする

納得するまでは怒ったり泣いたりするかもしれませんが、ここは根気強く説得しましょう。

カレンダーに衣替えの予定を書く

ここでも重要なのがカレンダー
いつから衣替えをするのか書くようにしましょう。
書くだけじゃなくて、ちゃんとお話もしてあげてくださいね。

カレンダーに書いたら、毎日さりげなく「あと何日で長袖だね~」と伝えます。
ここでポイントになるのが、さりげなく!です。

あまりしつこく言っていると、高学年になってくると怒られます…
もちろん、怒らない子や逆に聞いてくる子もいますが。
性格の問題かもしれませんね。

衣替えの移行期間はなし

学校の衣替えって、たいてい移行期間があると思いますが…移行期間はせずに衣替えをします!
衣替えの移行期間って、「この期間中だったら何を着てもいいよ~」な感じで不確定です。

自閉症の子どもって白か黒かはっきりしたい子が多いので、どっちでもは困惑する原因になってしまいます。
この日から衣替え!って日にちを決めたほうが納得しやすいので、移行期間はせずに衣替えをするようにしましょう。

学校と同じ日に家の衣替えをする

家と学校の衣替えが違っていると、子どもは困惑してしまいます。

次男
次男
家は半袖なのに、学校では長袖ってヘン!

衣替えをスムーズにするためには、家での衣替えも同じ日にした方がわかりやすいです。

ここそら
ここそら
子どもが多いと大変ですが、頑張りましょう!

着てほしくない服(半袖など)は、見えないところにわけておくといいですよ♪
同じところにあると、間違って着てしまったりぐちゃぐちゃになってわかりにくくなってしまうので。

ちょっとした工夫で、衣替えがスムーズにできるので試してみてくださいね。

衣替えのコツを知ってストレスを減らそう


毎年のことだから、もうわかってるでしょ!と思うかもしれませんが、今年の衣替えは一度きりです。

気温も毎年違うし、土日の関係で微妙に日付も違ったりします。
ちょっとした変化でも大きな変化に感じるので、また…と思わずに気長に付き合ってあげましょう。

大きくなるにつれて、衣替えを嫌がることは減ってきます。
大変なのは今だけ!と思って、今を乗り切りましょう。

今回も読んでいただき、ありがとうございました♪

ABOUT ME
ここそら
ここそら
4人の4人の自閉症児を子育て中の主婦です。毎日がバタバタ…でも、新しい発見と試行錯誤を繰り返しです。日々のこと・不思議に思ったことを少しづつ書いていけたらと思っています♪