自閉症

自閉症の子供が声の大きさを調整するには、見える化することが大切。

四男
四男
ねぇねぇ!聞いてー!
長男
長男
うるさいー!

こんな会話が増えている今日この頃。

ここそら
ここそら
声、いつも大きくてうるさいよね…

と思ってしまうことがたびたびあります。

もしかして耳が悪い?と思って検査を受けてみても、ちゃんと聞こえていますよ。と言われます。
長男も小さいときによくあったのですが、自閉症の子供は声の大きさの調整が難しいみたいです。

声や音は目には見えないものなので、自閉症の子供には理解することが難しいことも原因の一つです。
今回は自閉症の子供に声の大きさを伝える方法について紹介していきますね。

自分の声の大きさを知ろう


周りがうるさいと思っていても、子供は気が付いていないことがほとんど。
自分の声の大きさって、自分ではわかりにくいものです。

大人でも、「気が付かないうちに大きな声でしゃべっていた。」なんてことがあると思います。
声の大きさを伝えるには、まず自分の声の大きさを知ることが大事ですね。

声の大きさにレベルをつけよう

声の大きさは、目には見えないものです。
だったら見えるようにしよう!ということで、声の大きさにレベルをつけてみましょう。

声のレベルは5段階で

まずは、声のレベルを5段階に分けます。

  • 耳元でないしょ話をする声が1
  • いつも話している声が3
  • 助けを呼ぶ声が5

5のレベルは、叫び声や奇声も含まれますね。

いつも話している声が大き目の子供には、「今は4くらいだから、3の声にしようね~。」と声掛けをしてあげるといいですよ。

いつも話している声が小さめの子供には、「今は2くらいだから、3の声にしようね~。」と伝えて、声の大きさを調整してあげるようにしましょう。

声のレベルを目で見てわかるようにしよう

言葉だけでは理解しにくいのが、自閉症の子供です。
声のレベルを分けても、それが目で見えないと伝わりにくくなってしまいます。

そんなときには、表のようなものを作ってみましょう!

自閉症の子供のしんどさの伝え方でも紹介したように、三角の表を使うとわかりやすくなります。

https://koko2018.com/post-45/

はい、こんな感じのですね。
相変わらず雑ですみません…

この表を使って、「今はこれくらいの声の大きさだよ~」「3の声にしてみようね~」と声をかけると、目で見ることができるので、より理解しやすくなります。

慣れてくると、表を使わなくても声の大きさを調整することができるようになりますよ。

声の大きさは時と場所で使い分けよう

声の大きさを使い分けるって難しく思われがちですが、大人は無意識にしていることです。
静かな場所では小さめの声
人が多かったり、騒音のある場所では大きな声

どちらもいつも話している声では、うるさかったり聞き取れなかったりします。
時と場所で声の大きさを変えることは、大きくなってからも必要になってきますね。
子供のうちに、声を使い分ける練習をしておきましょう。

声は自分を表現する便利な機能


楽しい、悲しいなど、言葉で表現することはとても難しいことです。
特に自閉症の子供は、感情を表現することに不器用なので、言葉以外の方法で表現をしてしまいます。
声の大きさも感情を表す一つの方法ですね。

声の大きさで感情を表すことは、自分の気持ちを表すことの第一歩。
声の大きさをコントロールできるようになると、感情もコントロールしやすくなってきます。

声の大きさは目では見えないものなので、見える化することが重要。
自分の声の大きさを知り、自分でコントロールできるようになるまでゆっくり教えていくことが大切ですね。

今回も読んでいただき、ありがとうございました♪

ABOUT ME
ここそら
ここそら
4人の4人の自閉症児を子育て中の主婦です。毎日がバタバタ…でも、新しい発見と試行錯誤を繰り返しです。日々のこと・不思議に思ったことを少しづつ書いていけたらと思っています♪